ナノリッチで健康入浴 -発汗-

ムリをせず、いい汗をかける身体をめざしましょう。

サウナ室内の温度は38〜42℃。これは、体温よりも少し高い位の温度ですが、
中に入って10〜20分くらいリラックスしていると、みるみる汗が吹き出し、驚くほどたくさんの汗をかくことができます。

汗をかくことは身体にとって大切です。
健康に必要なのは皮脂腺からの汗

暑い時や運動した時、体温を調節する汗腺から出る汗はそのほとんどが水分です。
さらに運動を続け、汗腺から汗を出し尽くした後、体温を下げるために、皮脂腺から汗が分泌されます。
この皮脂を通して体内の様々な老廃物が排出されます。ところが、皮脂腺は簡単には開かない仕組みになっており、
通常、マラソンを30km以上走行した時やエアロビックスを2時間以上続けて初めて、皮脂腺から汗が出ると言われています。
このようにスポーツで皮脂腺を開くのは大変ですが、ナノリッチの場合は、温泉湯治を行った時のようにゆっくり時間をかけて
身体を温めるので、繰り返し入浴を行うことによって、次第に皮脂腺が開きやすくなり、皮脂腺から汗がかけるようになります。

お問い合わせ

ナノミストサウナ 体験ルームのご案内

PAGE TOP