会社案内 コロナの歴史
概要経営理念沿革一覧コロナの歴史事業展開社会貢献活動
環境方針家電リサイクル製品における環境対応エコレールマークの取得


タイトル画像

1963年新聞画像  「コロナ」ブランドで発売された石油コンロは予想を上回る好評ぶりで、「石油コンロの内田製作所」は全国的にその知名度を高めていきました。しかし1937年(昭和12)の開戦とともに戦乱期に突入した環境の中で、コロナは軍需品の下請け生産を余儀なくされていました。
 戦後、混乱のおさまりはじめた1950年(昭和25)内田鐵衛は、再び石油コンロの本格的な生産に乗り出し、組織も株式会社内田製作所に改組。社長に就任しました。その後、幾多の危機を乗り越えて研究を重ね、1952年(昭和27)に戦後初の「加圧式石油コンロ」の開発に成功し発売。この商品を経営の柱として、さらに新しい道へと進む基盤を固めました。
 コンロの開発で目覚しい成果をあげていった内田鐵衛は、石油コンロのトップメーカーの地位を築くと、次なる開発テーマとして石油ストーブを掲げ、研究を進めていきました。コンロで培った燃焼技術を基盤に開発を進めていった結果、省燃料、無臭気、強火力、簡単操作を実現したストーブの開発に成功。1955年(昭和30)従来の暖房の認識を一変させる「加圧式石油ストーブ」を発売しました。この商品は巧みな宣伝も功を奏し、大ヒットを記録しました。日本の暖房を変えたともいわれるこの商品の登場により、石油ストーブは第一期黄金期を迎えました。
 本格的な石油ストーブの普及に火をつけたコロナは、さらなる石油ストーブの改良に取り組みました。加圧式石油ストーブの弱点ともされていた複雑な操作性の克服を目指し、1960年(昭和35)に落差式カートリッジタンク方式のSP形石油ストーブ。翌年にはわが国初というガラス芯を採用したSM形石油ストーブと次々に画期的な商品を世に送り出し、石油ストーブ時代の旗手としての地位をゆるぎないものにしました。1967年(昭和42)に発売された芯上下式放射形カートリッジタンク式のST形石油ストーブは、それまでの石油ストーブの技術とノウハウを凝縮したもので、発売以来、長きにわたり、日本の暖房のスタンダードとして、ロングセラーを記録しました。創業以来、国民の生活文化の向上に貢献したいという明確な理念があったからこそ、数々の画期的な石油ストーブの開発と成功につながったのです。
 また、お客様を第一に思う気持ちも、変わることはありませんでした。1961年(昭和36)と1963年(昭和38)の記録的な豪雪により輸送路が寸断された時には、全国から届く注文に少しでも応えようと、猛吹雪の中、社員全員がストーブを一台ずつ担いで2kmの道のりを最寄駅まで運び、そこから客車で輸送させました。鉄道がストップすると、4km先の信濃川にある船着場まで同様にストーブを運び、船で出荷をして注文に間に合わせました。創業の精神である「誠実と努力」で社会に貢献した象徴的な出来事だったといえます。

製品画像
製品画像
製品画像

前のページへ<< >>次のページへ

1234

概要経営理念沿革一覧コロナの歴史事業展開社会貢献活動
環境方針家電リサイクル製品における環境対応エコレールマークの取得

Copyright 2002 CORONA CORPORATION All Rights Reserved.