株式会社コロナ

コーポレート・ガバナンス

1. コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、企業理念に基づき「お客様の快適・健康で環境にやさしい心豊かな生活になくてはならないコロナ」を目指して積極的な事業展開を行なってまいります。経営の透明性および効率性を確保し、ステークホルダーの期待に応え、企業価値を継続的に高めていくことが、当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方であり、経営の最重要課題のひとつであると認識しており、「コーポレートガバナンス・コード」の趣旨・精神を尊重し、コーポレートガバナンスの充実に取り組むよう努めることを基本方針としております。

2. コーポレートガバナンス体制

当社は、平成28年6月28日付をもって、従来の監査役会設置会社から監査等委員会設置会社に移行いたしました。取締役会は、取締役10名(監査等委員である取締役を除く。)及び監査等委員である取締役3名(うち社外取締役2名)で構成されております。

取締役会は、原則として月1回の定時取締役会のほか、必要に応じて臨時取締役会を開催し、様々な視点からの検討と意見交換を踏まえたうえで、法令、定款及び取締役会規則に定められた経営に関する重要事項を決定するとともに、業務執行の状況を監督しております。

監査等委員会は、常勤の監査等委員である取締役1名と監査等委員である社外取締役2名で構成されております。
監査等委員である取締役は、取締役会のほか執行役員会及び戦略推進会議などの重要会議に出席し、取締役及び使用人の職務並びに業務執行について、適法性監査及び妥当性監査を行います。また、監査等委員会が選定する監査等委員は、各部門及び子会社への往査、使用人との面談、稟議書など決裁書類やその他重要書類の閲覧などを通じて監査を行うこととしております。

コーポレートガバナンス体制イメージ図

3. 社外取締役

当社は、経営の意思決定機関であり、執行役員による業務執行を監督する機能をもつ取締役会に対し、監査等委員である取締役3名中の2名を社外取締役とすることで、経営への監視機能を強化しております。コーポレートガバナンスにおいて、外部からの客観的、中立的な経営監視の機能が重要と考えており、監査等委員である社外取締役2名による監査が実施されることにより、外部からの経営監視機能が十分に機能する体制が整っているため、現状の体制としております。

監査等委員である社外取締役は、常勤の監査等委員及び監査室並びに会計監査人と適宜に意見交換を行うなどの連携を図ることとしております。

当社は、社外取締役を選任するための独立性に関する基準又は方針は特に設けておりませんが、選任に当たっては、東京証券取引所の独立役員に関する判断基準等を参考にしております。なお、社外取締役2名を独立役員として指定しております。

4. 内部監査及び監査等委員会監査

当社の内部監査につきましては、業務執行部門から独立した社長直属の監査室が実施しており、社長が承認した「監査計画表」に基づき、当社及び子会社に対して内部監査を行っております。監査室の使用人の一部は、監査等委員会事務局の補助使用人を兼任しております。

監査等委員は、取締役会等の重要な会議に出席して意見を述べるほか、代表取締役との会合の場を設定し、取締役の職務及び業務執行の監視並びに監督を十分行える体制になっております。

監査等委員会監査につきましては、選定監査等委員である常勤の監査等委員を中心に監査室との連携を図りながら、監査計画に基づく監査を行います。また、会計監査人とも定期的に会合を持ち、情報の共有化を図ることとしております。

5. 会計監査

当社の会計監査につきましては、有限責任 あずさ監査法人を選任しております。なお、監査等委員会及び監査室と定期的に意見交換を行うなどの連携を図る体制になっております。

6. その他

当社は東京証券取引所の上場規程にもとづき、コーポレートガバナンスの状況を投資者により明確に伝える手段として、「コーポレート・ガバナンスに関する報告書」を開示しております。
コーポレート・ガバナンスに関する報告書(PDF)

このページの先頭へ戻る