省エネ基準

省エネ法トップランナー基準の対象機器に家庭用ヒートポンプ給湯機が新たに加わりました

省エネ法(トップランナー関連)の一部が改正され、エコキュートが対象機種に追加となり、2013年3月に2017年度省エネ基準値が想定世帯、貯湯容量、仕様、保湿機能有無、貯湯缶数により36の区分で定められました。なお、下記表はコロナエコキュートが該当する区分のみ抜粋しています。

■2017年目標年度省エネ基準・目標値・区分名

区分 2017年度省エネルギー消費効率
区分名 想定世帯 貯湯容量 仕様 保湿機能 注2 貯湯缶数
9 標準 240L以上320L未満 寒冷地仕様以外 1缶 2.8
10 2缶 2.8
11 1缶 3.2
17 320L以上550L未満 3.3
18 2缶 2.8
19 1缶 3.2
21 寒冷地仕様 2.7
23 2.7
33 少人数 注1 (185L) 寒冷地仕様以外 2.4
34 2.8
  • 注1 少人数とは2人世帯を想定しています。
  • 注2 保温機能とは、ふろの湯を保温する機能の“有”“無”を表しています。
  • ○省エネ区分、目標基準値一覧表は、一般社団法人 日本冷凍空調工業会ホームページに記載されていますので参照してください。

■省エネ基準達成率の表示について

このマークは商品の年間給湯保湿効率または年間給湯効率、および省エネルギー法目標基準値に対する達成率を記載してある場所を明示するものです。商品を選択するときにご参考にしてください。

  • ・省エネ法目標年度2017年度機種について表示しています。
  • ・基準達成率100%未満の場合は、省エネ性マークの色をオレンジで表示しています。
  • ・2013年以前に生産された継続品についてはトップランナー基準未達成の機種もあります。

▲ページのトップへ