特長

地中熱を利用して、低ランニングコストで
快適な暖房をお届けします。

最大温水出力
6.0kW※1
暖房面積最大
60※2

※1 地中戻り温度0~5℃、温水往き温度30~40℃、流量12L/分の時。
※2 Q値1.9W/m2K、室温20℃の時。

低ランニングコスト

暖房のランニングコスト1/3以下

※3 北海道電力管内において、融雪電力を用いて使用した場合。その他の電力エリアは、約1/2。当社試算。
※4 2015年5月現在、地中熱ヒートポンプシステムにおいて。

CO2排出量は4/5以下。

各家庭で燃料を燃やすことがないためCO2排出量もぐーんと抑えられます。

CO2排出量4/5以下

最大暖房出力6kW!

外気温度が低くなっても地中の温度は安定しているため、高い暖房能力と効率を維持することができます。

床暖房適応畳数
60

除霜運転不要のノンストップ暖房 最大暖房出力6kW!

新開発「S・D・R循環ポンプの省電力制御」採用。

室内の暖房負荷に合わせ、ポンプの回転数を無段階に制御し、消費電力を最小化する技術「S.D.R(節電力)」を採用しています。

循環ポンプの省電力制御S.D.R(節電力)

省スペースコンパクト設計。

一般的なエアコンの室外機と同等条件で設置できる省スペース設計です。また、空気熱交換用のファンが不要なため、風や風切音が発生しません。

質量55kg

業界トップの低騒音設計。

「ジオシス」の運転音の騒音レベルは39dBで業界トップ※6の低騒音です。

※6 2015年6月現在、地中熱ヒートポンプシステムにおいて。
※7 定格騒音値

39dBの低騒音!

お部屋に合わせて放熱器を選べます。

地中熱REPORT

地中の温度は季節に関係なく1年を通して一定です。

気温に対して夏は涼しく冬は暖かいです。 気温と比べても地中熱は安定しています。

参考資料:気象庁/気象統計情報 2008年度札幌月別最低気温

このページの先頭へ戻る