株式会社コロナ

給湯機器の凍結防止について

暖かい地域でも、冬期など外気温が0℃以下になると、給水・給湯配管に保温工事がしてあっても配管内の水が凍結し、お湯や水が出なくなる場合があります。

給湯機器は気温が下がると機器内部の凍結を防止いたしますが、接続されている配管までは凍結を防止できません。
配管が凍結した場合はキッチンやシャワーのお湯側の蛇口からお湯も水も出なくなる状態となります。
こうした故障や破損事故を防止するために次のような処置をお願いいたします。

凍結予防方法・対策

① エコキュート、ネオキュート、電気温水器はブレーカーをOFFにしないでください。
  石油給湯機は、電源プラグをコンセントから抜かないでください。
  石油給湯機(直圧式)の場合、リモコンの運転スイッチを「切」にします。
  石油給湯機(貯湯式)の場合、リモコンの運転スイッチを「入」にし、給湯温度設定を「F」にしてください。

② 浴槽の循環口より10cm以上水を残してください。

touketsuboushi_1.gif

特に寒さが厳しいときの凍結予防方法・対策

上記「凍結予防方法・対策」に記載の方法と合わせて通水による凍結防止を行ってください。

給湯栓がサーモ付混合水栓、シングルレバー混合水栓の場合は、給湯栓のレバーを最高温度側にします。
給湯側を開き、1分間に約400ccの水(太さ5mm)を流したままにします。

touketsuboushi_2.gif

品種別の凍結予防について

・エコキュート/ネオキュート

・電気温水器

・石油給湯機(直圧式)

・石油給湯機(貯湯式)

※機種により予防方法が異なります。詳しくは、お手持ちの取扱説明書をご覧ください。
 お手元に取扱説明書が無い場合は、ダウンロードページよりダウンロードできます。

実際に凍結してしまったら・・・・

・蛇口を開いても、お湯も水も出ない。
・蛇口の水は出るけど、お湯の方が出ない。
・おふろのお湯はりができない。
・エラー表示 E:14、E:28、U:2、U:3などが表示する。

などは、凍結による影響の可能性があります。

対処方法

・気温の上昇により自然に解凍するまでお待ちください。
・給湯栓から水が出るようになったら、機器や配管から水漏れなどがないか確認してからご使用ください。
・給湯配管にお湯をかけて解凍をすることは、配管やバルブの破損の原因になる恐れがありますので、お勧めいたしません。

>サポート・お問い合わせページへ移動する     >コロナホームページのトップページへ移動する

このページの先頭へ戻る