株式会社コロナ

よくあるご質問

石油ストーブ、石油ファンヒーター、電気暖房機等に関するもの

Q1スペアカートリッジタンク、オイルフィルタ、石油ストーブの替芯の購入方法を教えてください。
A1スペアカートリッジタンク、オイルフィルタ、替芯ついては、当社から直接販売しておりません。お手数ですが、お買い上げいただいた販売店またはお近くの家電量販店などでご注文くださいますようお願い申し上げます。
なお、保有年限切れなどの理由により、在庫が無い場合もございますので、あらかじめご承知おき願います。
Q2量販店に、コロナのホームページに掲載されていない型番の商品がありました。これは、どのような商品ですか?
A2一部の量販店では、当社標準品をベースに、当社と共同開発したオリジナルモデルを販売しております。基本的な性能は標準品と変わりませんが、デザインや機能の一部がオリジナル仕様となっております。オリジナルモデルの詳細は各量販店の店頭にあるカタログ等でご確認下さいますようお願いします。
Q3電気暖房機(コアヒート、コアヒートスリム、スリムカーボン)の購入を検討中です。電気代はどのように計算すれば良いでしょうか?
A3電気代の計算式は次のようになります。
定格消費電力(キロワット)×使用時間(時間)×1時間の電力料金単価=1日の電気代
※電力料金単価は27円(税込)/kWh:全国家庭電気製品公正取引協議会(「電力料金めやす単価」)にて計算します。
カタログの仕様表に基づき、スリムカーボンを最大火力で1時間使用する場合の計算方法は以下のとおりとなります。
0.9(キロワット)×1(時間)×27(円)=24.3(円)

なお、電気代はお客様と電力会社との契約や使用量などにより変化するため、上記計算によって求められた電気代は、あくまで目安とご理解ください。

エアコン、除湿機等に関するもの

Q1ドライ運転(弱冷房ドライ)と冷房運転ではどちらが節電できますか?
A1使用する環境により消費電力は変化しますが、同一環境下でそれぞれ運転した場合、ドライ運転の方が冷房運転に比べ消費電力が小さく、電気代も安くなります。ただし、ドライ運転の冷房能力は冷房運転に比べ小さくなってしまいます。
そこで、部屋を冷房運転で冷やしてから、ドライ運転に切り替えることをお勧めします。また、設定温度を上げたり、窓にカーテンをするなどの方法も効果的です。
Q2エアコンのリモコンの購入方法を教えてください。
A2エアコンのリモコンについては、当社から直接販売しておりません。お手数ですが、お買い上げいただいた販売店またはお近くの家電量販店などでご注文くださいますようお願い申し上げます。
なお、保有年限切れなどの理由により、在庫が無い場合もございますので、あらかじめご承知おき願います。
Q3ウインドエアコン(窓用エアコン)を取り付けた場合、使用していないときは、窓を閉めることはできますか?
A3窓の開閉、施錠は可能です。
Q4冷暖房兼用タイプのウインドエアコン(窓用エアコン)のドレン水を屋内側に流すことはできますか?
A4屋外側へ排水できない場合は、屋内側へ排水することも可能です。ただし、市販品のビニールホースを取り付けていただき、ドレン水はバケツなどの容器で受けてください。(排水方法についての詳細は、取扱説明書でご確認願います)
Q5除湿機の排水タンクのみの購入方法を教えてください。
A5排水タンクについては、当社から直接販売しておりません。お手数ですが、お買い上げいただいた販売店またはお近くの家電量販店などでご注文くださいますようお願い申し上げます。
なお、保有年限切れなどの理由により、在庫が無い場合もございますので、あらかじめご承知おき願います。
Q6冷風・衣類乾燥除湿機(どこでもクーラー)で、部屋全体を冷房することはできますか?
A6冷風・衣類乾燥除湿機(どこでもクーラー)は、エアコンとは違い部屋全体を冷房することができません。閉め切った場所で使用した場合は、むしろ室温が上昇します。部屋全体を冷房する場合は、エアコンを使用することをお勧めします。

エコキュートに関するもの

エコキュートについては、こちらをご覧ください。

石油給湯機に関するもの

石油給湯機については、こちらをご覧ください。

長期使用製品安全点検制度に関するもの

長期使用製品安全点検制度についてはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ戻る