株式会社コロナ

社会貢献活動

生活文化の向上のためにコロナは技術に加え様々な面から社会に貢献しています。

豊かな社会をもたらす技術研究から文化・教育・福祉までその貢献は幅広く行われています。

コロナが願うのは快適で豊かな生活環境の提供。そしてその領域は商品やサービスの部分だけにとどまらす、未来のために、広く社会のためにも向けられています。研究開発の支援、文化の育成、教育などを含め、総合的に生活文化の向上に貢献しています。

研究開発支援

エネルギー資源における科学技術の向上を支援

創業者内田鐵衛の意志と活動を受け継ぎ、地元新潟県におけるエネルギー資源利用の科学技術向上を支援するため、1994年(平成6年)に内田エネルギー科学振興財団が設立されました。県内の大学などの研究に対する助成や、各種講演会の開催など、技術振興促進活動を行っています。

財団法人 内田エネルギー科学振興財団のホームページへ

文化支援

感謝の意を込めたイベント開催

これまでコロナを支えてくれた地元への感謝の気持ちをこめて、コンサートや講演会の開催などをサポートしています。

社会福祉支援

社会福祉施設への支援

毎年春と秋の2回、福祉施設などを対象に、コロナ商品をプレゼントする「コロナ快適住環境福祉増進制度」を1992年(平成4年)より実施しております。心あたたまるプレゼントは各施設の方々に喜んでいただいております。

スポーツ支援

多くのスポーツを応援

コロナでは社会的に意義のある様々なスポーツ振興に支援を続けています。1998年(平成10年)に開催された長野オリンピックでは、オフィシャルサプライヤーとなり、厳しい気候下においても常に快適な環境を実現する各種暖房機器を提供し、バックアップしました。
このほかにも、各種スポーツイベントへの協賛や、地元スポーツチームなどへのサポートも行っています。

災害支援

災害被災地へコロナ製品を支援

東日本大震災をはじめ、度重なる自然災害の被災地に対し、コロナの暖房や空調等の製品を迅速にお届けしております。
とりわけ、電源が不要なポータブル石油ストーブは「電気やガスなどのインフラが寸断された中でも使用でき、とてもありがたい」と被災された方々から感謝の言葉をいただいております。

このページの先頭へ戻る