株式会社コロナ

社会貢献活動

生活文化の向上のために、コロナは様々な面から社会に貢献しています。

コロナが願うのは、快適で豊かな生活環境の提供です。そしてその領域は商品やサービスにとどまらず、未来のために、広く社会のために向けられています。環境への取り組み、研究開発支援、社会福祉支援、地域貢献など、総合的に生活文化の向上に貢献しています。

環境への取り組み

再生可能エネルギーを利用する製品の開発

近年、再生可能エネルギーを利用した製品が注目されています。コロナでは、大気中の熱を利用する家庭用自然冷媒ヒートポンプ給湯機「エコキュート」や地中熱を利用する家庭用地中熱ヒートポンプ温水暖房システム「ジオシス」、地中熱・空気熱ハイブリッド冷温水システム「ジオシスハイブリッド」など、再生可能エネルギーを利用するエネルギー効率の高い製品の開発を積極的に進めています。

エコキュート

「エコキュート」は、空気中の熱エネルギーを集めて活用する省エネルギー技術「ヒートポンプ」を導入した給湯機です。コロナが2001年に世界で初めて商品化し、家庭で消費するエネルギーの約1/3 を占める給湯分野において、大幅なエネルギー消費の抑制を可能にしました。コロナのエコキュートは、2001年の発売以来、省エネ大賞や地球温暖化防止活動環境大臣表彰など数々の賞を受賞しています。エコキュートの業界累計出荷台数は2018年6月に600万台を突破するなど普及が進んでいます。
※「エコキュート」の名称は、電力会社・給湯機メーカーが自然冷媒CO2 ヒートポンプ給湯機の愛称として使用しているものです。

エコキュート本体.jpg

「エコキュート」商品紹介ページへ

エコキュートの業界累計出荷台数が 600 万台を突破しました(2018年7月26日)

ジオシス・ジオシスハイブリッド

2011年には、地上に比べて温度が安定しており、再生可能エネルギーとして注目されている"地中熱"を利用したヒートポンプエアコン「ジオシスエアコン」を発売しました。

canvas.jpg

「ジオシスシリーズ」商品紹介ページへ

2014年には、外気温や暖房負荷の変動に応じて"地中熱"と"空気熱"を組み合わせて利用したハイブリッド温水暖房システム「ジオシスハイブリッド」を業界で初めて発売するとともに、地盤改良用の鋼管杭を利用して初期導入費用を大幅に低減する新工法「パイルファイブシステム」を開発しました。ジオシスハイブリッドは平成26年度省エネ大賞資源エネルギー庁長官賞を受賞するなど、地球環境に優しく経済的な商品として注目を集めています。

ジオシスHB.jpg

「ジオシスハイブリッド」商品紹介ページへ

国際規格ISO14001の認証を取得

コロナは、本社・三条工場、柏崎工場、長岡工場において、環境マネジメントシステムの国際規格ISO14001の認証を取得し、省エネルギーの推進、廃棄物削減、化学物質管理、環境配慮型製品の開発など、さまざまな活動を行っています。

コロナの環境方針

製品等における環境対応

研究開発支援の取り組み

公益財団法人内田エネルギー科学振興財団のサポートを通じて、エネルギー資源に関する研究開発及び技術開発を支援

公益財団法人内田エネルギー科学振興財団は、コロナ創業者内田鐵衛のエネルギー資源に関する研究の意志を将来にわたって継承し、新潟県におけるエネルギー資源に関する科学技術を向上させることを目的として1994年に設立されました。設立以来、エネルギー資源に関する科学技術の試験研究、普及等に対する助成等の活動を行っています。
コロナは、同財団の活動をサポートすることを通じて、エネルギー資源に関する研究開発及び技術開発を支援しています。

P7030017.jpg2018年度助成金交付式の様子(2018年7月3日)

〔公益財団法人内田エネルギー科学振興財団のホームページはこちらから〕

社会福祉支援への取り組み

「コロナ快適住環境福祉増進制度」による福祉施設等への自社製品の贈呈

コロナでは、1992年に「コロナ快適住環境福祉増進制度」を設立し、地域の福祉施設等にエアコンや石油ファンヒーターなどの自社製品を贈呈しています。制度開始以来、197施設に対して627台の自社製品を贈呈しました。(2018年6月現在)

22,CSH-N_B2818R室内機.jpg29_FH-VX5718BY(T).gif

スポーツ支援への取り組み

スポーツ支援を通じて、「心豊かな生活」を提供

コロナは、「あなたと共に夢...新たなライフシーン...を実現しお客様に喜んでいただけるコロナ〜快適・健康で環境にやさしい心豊かな生活になくてはならないコロナでありたい〜」という企業理念を掲げており、たくさんの人に夢や感動を与えることができるスポーツ活動を応援することを通じて、「心豊かな生活」を皆様に提供したいと考えています。

冬季オリンピック長野大会(1998年)では、オフィシャルサプライヤーとして暖房機器を提供し、選手や大会関係者をサポートしました。また、陸上競技のクラブチーム「新潟アルビレックスランニングクラブ」のオフィシャルクラブスポンサーや、日本女子サッカーリーグに所属する「アルビレックス新潟レディース」のユニフォームスポンサーを務めるなど、地元スポーツチームへのサポートや各種スポーツイベントへの協賛を行っています。

canvas.jpg
左からアルビレックス新潟レディース山崎真監督、中村楓選手、コロナ小林一芳社長、上尾野辺めぐみ選手(2018年4月4日

地域貢献・地域交流への取り組み

小中学生の工場見学等の受け入れ

コロナでは、地域の小中学生の工場見学等の受け入れや「科学の祭典」などのイベント参加などを通じて、地域の若い世代にものづくりの過程を学んでもらい、科学に親しみと興味関心を持っていただくための活動を行っています。

緊急時におけるAED提供

本社・三条工場、柏崎工場、長岡工場、首都圏支店、大阪支店、名古屋支店、福岡支店、(株)新井コロナ、(株)栃尾コロナ、(株)栃尾コロナ下田工場、コロナ物流(株)にはAED(自動体外式除細動器)を設置しています。(2018年7月現在)
AEDを必要とする緊急時には、どなたでもご使用いただけます。

地域の夏祭り等への参加

コロナは、本社や工場が立地する地域の夏祭り等に参加しています。地域の皆様との交流を深め、コロナを知っていただく機会となっています。また、地域で開催される防災訓練への参加やコロナが開催するイベントへのご招待、地元自治会への活動支援などを行っており、これらの取り組みを通じて「地域との共存共栄」の実現を目指しています。

まつり.JPG

三条市夏祭り 市民民謡流しの様子(2018年8月3日)

被災地支援への取り組み

災害被災地への支援

コロナは、災害被災地に対し、暖房や空調等の製品を迅速にお届けしています。とりわけ、ポータブル石油ストーブは電気がなくても暖房、明り採り、湯沸しができることから、近年は防災用品としても注目されています。コロナのポータブル石油ストーブ(煮炊き用石油コンロを含む)は、2017年に一般財団法人防災安全協会の定める防災製品等推奨品認証を取得しました。

図2.jpg

「ポータブル石油ストーブ」商品紹介ページへ

石油ストーブが防災製品等推奨品認証を取得(2017年8月28日)

安全への取り組み

地元消防本部による一人暮らし高齢者世帯の防火指導への参加

コロナでは、秋の全国火災予防運動の一環として三条市消防本部が毎年行っている一人暮らし高齢者世帯の防火指導に参加し、暖房機器の安全確認や防火指導などを行っています。
また、消防団に対する深い理解や協力により地域防災力の向上に貢献している事業所として、2017年に新潟県消防団協力事業所等表彰を受賞しました。

このページの先頭へ戻る