平素は弊社製品をご愛用いただき誠にありがとうございます。

2000年製以前の古いストーブの「よごれま栓タンク」の一部において、確実にロックするまで押さず、ロックの確認をおこなわなかった場合、給油口がロックされたと誤認し、取扱い中 不意に給油口が開き、油がこぼれるなど、火災に至るおそれがあります。

対象製品をご使用のお客様は、給油タンクの無償点検をさせていただきますので、下記フリーダイヤルまでご連絡お願い致します。


■お客様相談窓口・フリーダイヤル

0120−623−238

※受付時間 午前9時〜午後5時(土・日・祝日並びに弊社休業日は除く)
※お電話いただく際には番号をお確かめの上、お間違えのない様お願いします。
※IP電話をご利用の一部のお客様におかれましては、フリーダイヤルにつながらない場合がございます。大変手数をおかけいたしますが、携帯電話や公衆電話をご利用いただくか、以下のお客様相談窓口へのメールを利用してご連絡くださいますようお願い申しあげます。
※「リコール受付」フォームでも受け付けを行っておりますので、必要な項目をフォームにご登録下さい。後日、担当よりご連絡させて頂きます。

「リコール受付」フォームのご登録はこちらから


 
「よごれま栓タンク」を石油ファンヒーターにも採用しております。機器本体の構造の違いから重大製品事故に至る可能性は極めて低いと考えますが、2000年製以前の石油ファンヒーターの「よごれま栓タンク」についても無償点検いたします。
石油ファンヒーターの製造年の表示位置も上記石油ストーブと同様の位置となります。



<対象製品> 給油タンクの無償点検対象製品一覧表 (PDF) 

<コロナ石油ストーブ 使用上の注意について>
ご使用に際し、「よごれま栓タンク」の給油口は、給油後確実にロックし、給油口先端を指で持ち上げて開かないことを確認してください。

<ご参考>
本件に関する経済産業省のリコール情報
株式会社コロナのホームページへ移動