省エネ&節水

先端技術と匠の融合 | 高効率 ES制御エネルギーセーブで高効率を実現。

高圧力パワフル給湯でお湯はりも短時間に

3つの「効率よく(ES制御)」でムダを省きます。

ES制御とは、効率よくお湯を「つくる」「ためる」「使う」という3つの技術を融合させた制御で、「お湯の沸き上げ」や「省エネ給湯回路」「省エネ保温」などの省エネ技術です。

耐久性向上
貯湯ユニット内配管をオールステンレス化することにより、耐久性も向上させました。


最適なメニューを実現 | ピークカット 様々な電気料金メニューに対応しています。

様々な電気メニューに対応
  • エコキュートは様々な電気料金メニューに対応しており、おトクな運転が可能です。
  • 今後様々な電気料金メニューが出てきた時のために、夜間沸き上げ開始時刻と終了時刻を任意に変更できる設定を拡充しました。

「電力需要の平準化」が進められています。

電力需要の平準化イメージ

現在、我が国では、季節や時間帯ごとの電力需要の格差を縮小する「電力需要の平準化」が進められています。

  • 電力会社が節電を要請している9~20時(特に13~16時)に、エコキュートはほとんど運転(沸上げ)しない制御になっています。ただし運転モードやお湯の使い方によっては昼間時間帯でも運転を行います。ピークシフトとは、昼間の電力需要を、夜間などの時間帯へ移行させることです。
  • 電力エリアの総使用量。ピーク電力抑制のグラフはイメージです。

電気料金メニューの特徴に合わせ、3つのピーク電力抑制機能を選べます。

1 ピークカット機能

ピークカット機能イメージ

電気料金単価が高い時間帯のヒートポンプの沸き上げを停止することで、節電に貢献します。

  • 設定した時間帯は自動湯増し運転を行いませんので、お湯が足りなくなりそうな場合は、「タンク湯増し」を押して湯増しをしてください。
  • ピークカット機能とパワーセーブ機能の併用はできません。
  • 設定範囲を変更できます。

2 沸き上げ時間シフト機能

沸き上げ時間シフト機能イメージ:エコキュートの沸き上げ運転を1時間前倒しし、運転を早めてピークを抑制します。

朝方の電気の使用量が増える時間帯より前に、夜間の沸き上げを完了することでピークを抑え、契約容量の抑制に貢献します。

3 パワーセーブ機能

パワーセーブ機能イメージ:エコキュートの消費電力をセーブします。

ヒートポンプの消費電力を抑制することでピークを抑え、契約容量の抑制に貢献します。

  • お湯の沸き上がりに時間がかかりますので、貯湯量表示に注意してお湯をご使用ください。
  • パワーセーブの設定は深夜時間帯が10時間以上の場合に使用してください。深夜時間帯が10時間未満の場合に設定すると、夜間の貯湯量が不足し、昼間の運転が多くなることがあります。
  • 図はイメージです。

優れた機能で快適に節約 無理なく節水、節約できて毎日快適給湯。

節水モード

ふろ湯量節水 お風呂の湯量を抑えて節水。

ふろ湯量節水は-10、-20、-30Lの3段階で設定が可能です。

湯量を-10Lにすると、水道代が年間で約1400円おトク
  • ※1東京都23区の水道料金+下水道使用料金の合算で家庭用の口径20mmの配管を使用した場合372円/m3
    給湯量節水14,600L+ふろ湯量節水3,650L・18,250L=18.25m3×37円/m3=6,789円

節約サポート

【給湯量モニター】
リモコンのイラスト・数値表示で「給湯量」がすぐ分かる!

液晶表示で給湯量をリアルタイムに表示することで、節水意識を促します。2ヶ所給湯の場合、合計した流量を表示します。

給湯流量をイラスト(5段階)

給湯使用中の給湯流量をイラスト(5段階)で表示します。

1回の給湯使用量(ふろ使用量を含みません)を表示

蛇口を開いて閉じるまで、1回の給湯使用量(ふろ使用量を含みません)を表示します。

おっと、勢いよく出しすぎてるか

【目標給湯お知らせ機能】
リモコンが音で「使いすぎ」をお知らせ。

目標湯量に到達すると、画面表示と音でお知らせするので、使いすぎ抑制に役立ちます。

ふろを使用するとバー表示が増加

給湯、ふろを使用するとバー表示が増加します。

目標湯量に到達すると、使い過ぎをおしらせ

設定した目標湯量(ふろ使用量を含みます)に到達すると、使い過ぎをおしらせします。

あら、今日は使いすぎだわ

省エネ基準 エコキュートは省エネ法トップランナー基準の対象機器に認定されています。

省エネ法トップランナー基準の対象機器に家庭用ヒートポンプ給湯機が加わりました

省エネ法(トップランナー関連)の一部が改正され、エコキュートが対象機種に追加となり、2013年3月に2017年度省エネ基準値が想定世帯、貯湯容量、仕様、保湿機能有無、貯湯缶数により36の区分で定められました。

2017年目標年度省エネ基準・目標値・区分名

区分 2017年度省エネルギー消費効率
区分名 想定世帯 貯湯容量 仕様 保湿機能 注2 貯湯缶数
9 標準 240L以上320L未満 寒冷地仕様以外 1缶 2.8
10 2缶 2.8
11 1缶 3.2
17 320L以上550L未満 3.3
18 2缶 2.8
19 1缶 3.2
21 寒冷地仕様 2.7
23 2.7
33 少人数 注1 (185L) 寒冷地仕様以外 2.4
  • 注1少人数とは2人世帯を想定しています。
  • 注2保温機能とは、ふろの湯を保温する機能の“有”“無”を表しています。

省エネ基準達成率の表示について

省エネ基準達成マーク

このマークは商品の年間給湯保湿効率または年間給湯効率、および省エネルギー法目標基準値に対する達成率を記載してある場所を明示するものです。
商品を選択するときにご参考にしてください。

  • 省エネ法目標年度2017年度機種について表示しています。
  • 基準達成率100%未満の場合は、省エネ性マークの色をオレンジ省エネ基準未達成マークで表示しています。
  • 2013年以前に生産された継続品についてはトップランナー基準未達成の機種もあります。

家庭用ヒートポンプ給湯機の性能表示の変更について(JIS C 9220が改正されました)

■家庭用ヒートポンプ給湯機のJIS C 9220が2018年3月に改正されました。

このカタログは改正されたJISに基づいて性能表示(年間給湯保温効率/年間給湯効率/運転音)を行っています。カタログの表示例を用いた性能表示の見方について、
詳しくは、一般社団法人 日本冷凍空調工業会のホームページをご覧ください。

■運転音の表示が変わりました。

運転音は、測定方法も変わりました。従来の「音圧レベル」(騒音レベル)はJISで定めたある1点で測定したものでしたが、今回採用された「音響パワーレベル」は周囲に発する全ての音響エネルギーを評価したものです。国際的な評価方法の統一を図るため、表示を開始しました。製品の運転音が大きくなったわけではありません。
詳しくは、一般社団法人 日本冷凍空調工業会のホームページをご覧ください。
※試験室での測定値ですので、実際に据え付けた状態での運転音は周囲環境により異なります。