よくあるご質問:長期使用製品安全点検制度

点検制度について

長期使用製品安全点検制度とは何ですか。

「消費生活用製品安全法」の改正によりH21(2009)4月~創設された制度で長期のご使用により劣化(経年劣化)し重大事故が発生する恐れがある製品を対象に点検していただく制度です。

コロナの対象品は何になりますか。

石油給湯機、石油ふろ釜、FF式石油温風暖房機が対象です。

平成21年4月以前から使用している製品はどうなりますか。

ご依頼があれば、現在の点検制度に準じた点検をさせていただきます。
コロナホームページにもくわしく掲載されており、登録する事もできます。

対象商品以外は点検しなくても大丈夫ですか。

対象商品以外でも安心してお使い頂く為、1~2年に1回程度、点検を受ける事をおすすめします。

引越をした家についていましたが点検は誰が受けるのですか。

製品の所有者の方に点検を受けていただく様お願いいたします。

対象製品かどうかはどこでわかりますか。

平成21年(2009年)4月以降に製造された製品には本体(型式記入してある部分)に【特定保守製品】と明記しています。

石油ファンヒーター・エアコンは対象ですか。

石油ファンヒーター、エアコンは長期使用製品安全点検制度の対象ではありません。

設計標準使用期間は何ですか。

標準的な使用条件のもとで適切な取り扱いで使用した場合に安全上支障なく使用することができる標準的な期間のことです。
FF式石油温風暖房機は8年、石油給湯機・石油ふろ釜は10年です。

特定保守製品とは何ですか。

平成21年(2009年)4月以降製造された長期使用製品安全点検制度の対象製品で適正な保守点検が必要な製品です。
コロナでは石油給湯機、石油ふろ釜、FF式石油温風暖房機が対象です。本体に【特定保守製品】と表示されています。

対象製品の全型式が対象になりますか。

石油給湯機(UIB・UKB)と石油ふろ釜(BS)は全型式が対象ですが熱交換容量が50Lを超える製品(一部UHB)とFF式石油温風暖房機で灯油消費量が12KW/hを超える製品は〈業務用〉となり対象外になります。

カテゴリからご質問を探す