株式会社コロナ

コロナグループ情報セキュリティポリシー

株式会社コロナ及びそのグループ会社(以下、「当社グループ」といいます。)は、保有する個人情報、お客様・お取引先様の情報、企業秘密などの情報及びコンピュータやネットワークなどの情報システム(以下、「情報資産」といいます。)を事業活動において重要な資産であると認識し、これを組織的かつ継続的に保護し、お客様並びに社会からの信頼に応えるべく、情報セキュリティポリシーを定め、情報セキュリティの強化に取り組みます。

1.経営のリーダーシップ

当社グループは、情報セキュリティの重要性とリスクを認識し、経営者主導で組織的かつ継続的に情報セキュリティの改善・向上に努めます。

2.情報セキュリティ体制の整備

当社グループは、情報セキュリティマネジメント体制をリスク管理機能として整備することにより、情報セキュリティの強化を推進します。

3.従業員の取組み

当社グループの従業員は、情報セキュリティのために必要とされる教育・啓発活動により情報セキュリティ知識を習得し、意識向上を図りながら、情報資産の保護に取り組みます。

4.外部委託先の管理体制強化

当社グループは情報資産の取扱いを外部に委託する場合には、当該委託先に対して当社の情報資産が適切な情報セキュリティレベルで運用管理されるよう、契約などにより定め、適切に監督を行います。

5.情報セキュリティに関わる法令及び契約の遵守について

当社グループは、情報セキュリティに関わる法令及び契約を遵守し、万一、これらに対して違反または事故が発生した場合には適切に対処し、再発防止に努めます。

令和2年10月30日
株式会社コロナ
代表取締役社長
小林 一芳

このページの先頭へ戻る