株式会社コロナ

石油ファンヒーターのしまい方

長期間使用しない場合は、お手入れを行ってください。お手入れを行うことで、来シーズンも安全にお使いいただけます。

ご紹介する石油ファンヒーターのしまい方はお手持ちの取扱説明書に記載がございますので、合わせてご覧ください。
 > こちらから型式を入力して、取扱説明書を入手できます。

点検・手入れは、消火後ファンヒーターが十分冷えてから、必ず電源プラグをコンセントから抜いて行ってください。

※製品によって、このページで説明しているものと色や形状が異なることがあります。

準備するもの

準備するもの.png

  • ポリタンク
  • 給油ポンプやスポイト
  • 厚手のゴム手袋
    ※けがをするおそれがあるので、厚手のものを使用してください
  • 古紙や新聞紙
  • (必要に応じて)灯油を入れる深さのある容器

1.灯油を抜き取る

(1)固定タンクからオイルフィルターを取り出す。

 給油タンクを抜くと、本体内部に固定タンクがあります。
 ※オイルフィルターを取り出すとき、灯油が垂れやすいので新聞紙を敷くなど、注意して行ってください。
 > オイルフィルターが汚れていたときの掃除方法はこちら

(2)給油タンク・固定タンク内の灯油やごみを市販の給油ポンプなどで抜く。

灯油の処分方法については、灯油をお買い求めになった販売店にご相談ください。

(3)オイルフィルターをもとどおりにセットする。

こぼれた灯油はよくふき取ってください。

  • 水、ごみなどを残したまま保管すると、さびや穴あきの原因になります。
  • 固定タンクの底にたまったごみや水、灯油をふき取った際は、ティッシュなどを固定タンクの中に残さないでください。

〈オイルフィルターが汚れていたとき〉

オイルフィルターが汚れていたときは、オイルフィルターの中の水やごみを取ってからきれいな灯油で洗ってください。
ごみが取れにくい場合は、歯ブラシなどを使うと便利です。

※水洗いは絶対にしないでください。水で洗うと灯油が通過しなくなります。



2.掃除をする

(1)エアーフィルター、温風空気取入口の掃除をする。

エアーフィルターをはずして、掃除機または、ブラシできれいに掃除してください。
温風空気取入口は、フィルターユニットのついている機種ははずして、同様に掃除してください。
フィルターユニットは6か月に一度を目安に、約6時間天日干ししてください。除菌および脱臭性能が回復します。



(2)温風吹出口・本体の掃除をする。

ルーバー及び本体シャッターのない製品は、本体が冷えてから、湿らせたやわらかい布で汚れを落とし、からぶきをしてください。
※ルーバー及びシャッターのついている製品は、手で無理に開けないでください。故障の原因やけがをすることがあります。ルーバー及びシャッターの開け方は、対象製品の取扱説明書をご覧ください。

3.包装箱に入れて、乾燥した場所に水平に保管する

包装箱に入れて、湿気のない場所に水平に保管してください。また、逆さにしたり、傾けたり、横倒しの状態では絶対に保管しないでください。

このページの先頭へ戻る